神戸ほくと病院

お問い合わせは078-583-1771

透析センター

透析センター

当透析センターは平成22年3月に当院連携施設である、こやまクリニックにて開設されました。
当院の新規移転に伴い平成27年12月からは当院に場所を移し透析医療を継続して参りました。
外来透析と共に入院透析も提供できること、関連施設との連携といった強みを活かして患者さまが住み慣れた地域で安心して透析治療を受け続けて頂けるよう邁進していく所存です。

透析責任医師宮本宣友先生
透析責任医師:宮本 宣友先生
透析担当医師石上由紀先生
透析担当医師:石上 由紀先生
透析スタッフ
透析スタッフ一同

現在のスタッフ構成は、看護師4名、臨床工学技士8名、ケアワーカー1名です。
透析担当医を中心に管理栄養士、送迎スタッフと日々協力し合い業務に携わっております。院内勉強会はもちろんの事、学会等にも積極的に参加するよう心がけています。
チーム一丸で安心安全な治療の提供を目指し日々頑張っています。とにかく笑顔で仲の良いチームです!!

ベッド数は全20床です。うち2床は個室型となっており、インフルエンザや様々な感染症に対応出来る設計となっております。
また、全台オンラインHDF対応機種となっています。
環境設備として、患者さまの眼に負担が掛らないように間接照明なども取り入れております。フロアー通路は、車椅子がすれ違いできるように広くスペースを取っております。
ベッド間も十分に確保しており、リラックスした環境下のもとで治療を受けて頂けるようにしております。またベッドには寝たままでも視聴しやすい様にアーム型液晶テレビを備えており無料で視聴可能となっています。

透析センター内風景
透析センター内風景
個室型透析室
個室型透析室
更衣室
更衣室
ディールーム
ディールーム

病棟透析室

病棟透析室

入院中の患者さま専用の透析室です。
透析ベッド2床を完備しており、車椅子やストレッチャー移動にも十分対応可能なスペースを確保しております。
スタッフからも見渡せ、患者さまのプライバシーも確保出来る間仕切りも設置しております。

診療時間について

■ 血液透析(HD) 血液濾過透析(HDF/OHDF)

診療内容表

※診療開始時間は、午前8時より順次行って参ります。
※午後透析は12時より行っております。(12時~17時)

診療機器紹介

透析関連機器のご紹介
  • 透析用監視装置DCS-100NX:全20台
  • 多人数用透析液供給装置 DAB-Si
  • 透析用剤溶解装置 DAD-70Si
  • 水処理装置MS’Rシリーズ(熱水消毒対応型)
透析センター内常備機器のご紹介
  • エンドトキシン測定装置:トキシノメーターミニ
  • インキュベーター:IC-150MA
  • シリンジポンプ:SP-505 5台
  • 輸液ポンプ:OT-707 3台
  • 電解質分析装置:EX-D
  • 多項目モニターバイタルセンサー:ダイナスコープ7000シリーズ
  • 酸素及び吸引:中央配管方式
  • AED:HEARTS START(PHILIPS社製)
  • 救急カート配置

透析システム系統

透析システム系統

血液透析に使用する透析液は、水道水を水処理装置内にて不純物や塩素などを取り除いて「透析用水」にしてから、透析液の原剤と混ぜて濃度調整して透析液が作成されます。 透析液を作成する際、粉末透析溶剤を装置に投入する時が一番落下細菌などによる暴露が起こりやすいと言われています。

さまざまな箇所で清潔操作を行っていても、粉末透析溶剤を投入するときに細菌が入り込んでは意味がありません。 そこで当センターでは日機装社製の半閉鎖式透析液自動溶解装置DAD-Siを導入しています。

粉末溶剤の入ったボトルを装置内で自動的に開封・溶解を行う装置ですので、溶剤開封時における落下細菌などによる暴露の危険性を減少してくれます。 ほとんど外気に触れずに溶解して、きわめて清浄度の高い透析液を作成します。作成された透析液は、ベッドサイドまで到達するのにある程度の距離があります。

そこで、透析液の清浄度を保つためにETRF(エンドトキシン捕捉フィルター)を設置し、より清浄度の高い透析液が供給できるようにしています。

患者様に使用される透析液の清浄化の担保のため、最終フィルターとしてETRFをコンソール全台に設置しています。

当院の管理栄養士、調理師により十分に考案された透析食を提供しております。
味はもちろんのこと見た目も美しく盛り付けされた食事が日々の献立となっております。
※一食550円にて提供しております。

透析食
献立表

透析患者さま専用の送迎車です。
ご自宅から病院への送迎サービスを行っております。送迎車の中には、車椅子対応車もございます。 透析患者さまならどなたでもご利用頂けます。送迎エリア・時間帯についてはご相談下さい。
送迎は、無料での提供となっております。
患者さまが自身の車にて来院を希望される場合にも駐車場をご用意させて頂いております。

患者様、他機関より透析センターへお問い合わせ下さい。
ご予約したい最低1週間前までにお申し込みをお願い致します。
また、1週間前までに通院中のご施設から『診療情報提供書と透析サマリー等』を当院までFAX頂きます。日時、希望の時間についてはベッド状況にもよりますので、まずはお問い合わせ下さい。

電話/FAX番号   (透析センター直通)

078-595-7123   (FAX共通番号)

お申込み方法について

お電話での確認要項
  1. お名前・生年月日
  2. ご連絡先(電話番号・緊急連絡先)
  3. ご希望の透析日および時間
  4. 通院されておられるご施設と連絡先
当日にご持参頂くものとして
  1. 通院中の施設からの診療情報提供書と透析サマリー、記録用紙(3回分)
  2. 健康保険証/特定疾病療養受領証/身体障害者手帳など
  3. パジャマ、タオル(バスタオル・フェイスタオル)
  4. 透析センター内で使用する履物
  5. イヤホン(無料で視聴できる液晶テレビが設置されています。)
  6. 食事は有料(1食550円)で提供できます。事前にお申し込み下さい。

随時見学は受け付けております。
透析センターの雰囲気を感じ設備をご覧頂けることで安心してご利用頂ければと思います。
電話・FAX・メールなどお気軽にご連絡下さい。

電話/FAX番号   (透析センター直通)

078-595-7123   (FAX共通番号)

お問い合わせ

当院へのアクセス