神戸ほくと病院

お問い合わせは078-583-1771

消化器内科・内視鏡センター

消化器内科・内視鏡センター

消化器内科・内視鏡センターについて

内視鏡ルーム

内視鏡最新機器

最新の設備と技術

当院では最新の内視鏡システムを導入しており、疾患の正確な診断に努めています。検査の際は必要があれば鎮静剤を用いて出来る限り負担の少ない検査を心がけています。経鼻内視鏡による検査も行っています。

ヘリコバクターピロリ感染に伴う萎縮性胃炎や胃十二指腸潰瘍に対して除菌療法を行っています。

消化管悪性腫瘍(食道癌、胃癌、大腸癌)に対しては早期の段階であれば内視鏡による治療を行い手術が必要な際は神戸大学外科と連携し治療にあたっています。

大腸ポリープに関しては日帰り治療が可能です。大きさや個数によっては短期入院での治療を行っています。

本邦でも近年炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)が増加していますが、当院では出来る限りステロイド製剤を用いずに5ASA製剤、免疫調整剤、血球成分除去療法などを用いて早期の寛解導入、粘膜治癒を目指し、なおかつ負担が少なく生活の質を重視した治療を心がけています。

慢性肝疾患(B型/C型肝炎)に対しては副作用の少ない経口剤を積極的に用いて抗ウイルス療法を行っています。

また、消化器領域の救急疾患(消化管出血、腸閉塞、胆嚢炎、閉塞性黄疸、膵炎など)も積極的に受け入れ、必要があれば緊急内視鏡による止血術やERCPによる減黄やドレナージを施行しています。手術が必要な場合は神戸大学外科からの協力医師と連携し適切な治療を行ってまいります。

落ち着いて治療してもらえる環境つくり

休憩・準備室

内視鏡は鎮静麻酔などの関係で内視鏡の術前、術後などに患者様に用意・休憩してもらうスペースが必要です。
当院では、実際のそれらを含め患者様にストレスをかけないためにそういった内視鏡に関わる全てにおいてサービスの充実に力を入れております。

よくある質問

内視鏡治療とは何ですか?

内視鏡治療とは、小型カメラと切除器具がついた内視鏡を用いて胃腸の内側からがんを切除する治療法です。 処置具を使って切り取る方法と、焼き取る方法がありますが、がんを安全かつ完全に切除できると判断される早期がんが内視鏡治療の対象となります。

定期的に内視鏡検査を受ける必要はありますか?

痛みや自覚症状がなくても身体の中ではひそかに異常が発生していることもあります。そうした場合、どれだけ早期に異常を発見し治療を行うことができるかにかかっています。 胃腸などの消化器をはじめ、がんは進行しないと無症状であることが多く、痛みや自覚症状が出てからでは、かなり進行してしまっているケースが多いのが現実です。 定期的な内視鏡検査を受け、身体の異常を早期に察知することが健康な日々を送る上で大切な予防策となります。

内視鏡検査を受けるにあたり制限されることはありますか?

消化管の検査では検査前に食事制限があります。
食道胃内視鏡検査
消化の良いもので夕食を済ませ、検査前日の21時以降を目安に絶食が必要です。水分補給を充分にして翌日に備えましょう。(飲料は水のみ可です)
大腸内視鏡検査
スコープを入れるためには腸の中を空にする必要があります。そのため検査前日の17時までには夕食を済ませ絶食します。
お薬を常用されている方へ
事前にお知らせしていただき、医師とご相談のもと服薬時間に照らして検査時間を決めます。
特に血液をさらさらにするお薬(抗凝固剤)を服用している方は必ずお薬手帳をお持ちください。 安全な内視鏡検査のため、疑問や検査にあたってのご不安はお申し付けください。

内視鏡検査はどのくらい時間がかかるのでしょうか?

胃腸の内視鏡検査全体にかかる時間は20~30分程度ですが実際に内視鏡が体内にはいっている時間は5~10分程です。

器具の洗浄はどのように、どのくらいの頻度で行われているのでしょうか?

内視鏡の洗浄・消毒についてのガイドラインに基づき、処置具は使い捨てのものを使用したり、再利用する場合は滅菌処理を施すなど十分な感染対策を講じています。

内視鏡検査は保険が利きますか?

日本の医療制度は国民皆保険の健康保険制度によって守られていますが、これは全ての医療行為が保険で行えるというわけではありません。 内視鏡検査の場合、受診される時の検査が保険診療になるか自費健診かの判断は医師の判断によります。

担当医紹介

生方聡史

消化器内科部長生方 聡史

出身大学 藤田保健衛生大学医学部
資格・所属学会 日本内科学会(認定医)
日本消化器病学会(専門医)
日本消化器内視鏡学会(専門医)
日本消化管学会(専門医)
日本大腸肛門病学会

-患者様へメッセージ-

これまで主に消化器疾患の診療に従事してきました。その経験を生かして当院においても患者さまのご希望に沿った適切な治療を行っていきたいと考えています。地域医療に少しでも貢献できるよう頑張って参りますのでよろしくお願い申し上げます。

小山 晋太郎

内視鏡センター長小山 晋太郎

出身大学 帝京大学医学部
資格・所属学会 日本内科学会(認定医)
日本消化器病学会(専門医)
日本消化器内視鏡学会(専門医)

-患者様へメッセージ-

内視鏡治療を中心に神戸大学病院、済生会中津病院にて研鑽を積ませていただきました。負担の少ない内視鏡検査・治療を心がけて、これまでの経験を生かし日々の治療に邁進してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。