入所についてショートステイ

    
各ご案内 入所について

入所利用料金(1割負担)

介護保険施設サービス費(基本)
  多床室(iv) 個室(ii) 
1日あたり 30日あたり 1日あたり 30日あたり
要介護度 基本単位数料金 *加算 合計料金 基本単位数料金 *加算 合計料金
要介護1 882円 134円 30,480円 796円 134円 27,900円
要介護2 960円 134円 32,820円 873円 134円 30,210円
要介護3 1,027円 134円 34,830円 938円 134円 32,160円
要介護4 1,086円 134円 36,600円 997円 134円 33,930円
要介護5 1,144円 134円 38,340円 1,058円 134円 35,760円

(*加算)・夜勤体制加算(26円)・サービス提供体制加算T(24円)・在宅復帰在宅療養支援機能加算(49円)・リハビリテーションマネジメント計画書情報加算(35円)

その他加算の自己負担額(実施された場合に加算されます)
短期集中リハビリテーション実施加算 入所日より3ヶ月以内(週に3日以上実施) 253円/日
認知症短期集中リハビリテーション加算 入所日より3ヶ月以内(週に3日実施) 253円/日
口腔衛生管理加算T 歯科医師の指示を受けた歯科衛生士が月2回入所者の口腔ケアを行った場合。 95円/月
口腔衛生管理加算U 歯科医師の指示を受けた歯科衛生士が月2回入所者の口腔ケアを行った上で口腔衛生等の管理に係る計画の内容等の情報を厚生労働省に提出し、口腔衛生等の管理の実施に当たって、当該情報その他口腔衛生等の管理の適切かつ有効な実施のために必要な情報を活用していること。 116円/月
経口維持加算(T) 摂食機能障害を有し、誤嚥が認められる入所者に対して、医師又は、歯科医師の指示に基づき、栄養管理をするために経口維持計画を作成、計画に従い管理栄養士等が栄養管理を行った場合。 422円/月
経口維持加算(U) 106円/月
認知症専門ケア加算(T) 日常生活自立ランクV、W、X又はMに該当する入所者に対して、認知症実践リーダー研修を修了した者を担当とし、チームとして専門的な認知症ケアが行われている場合 4円/日
療養食加算 療養食は疾病治療の直接手段として医師の発行する食事せんに基づいて提供されます。(1食を1回として1日に3回まで) 7円/回
所定疾患施設療養費(U) 肺炎、尿路感染症、帯状疱疹などの疾患に対する治療を行った場合。(10日を限度) 506円/日
褥瘡マネジメント加算(T) 褥瘡(床ずれ)発生を予防する為の定期的な評価と結果に基づいて計画的に褥瘡(床ずれ)の予防管理をします。(3ヵ月ごとの評価時に加算) 4円/月
褥瘡マネジメント加算(U) 褥瘡マネジメント加算(T)の要件を満たした上で、褥瘡の発生がない場合に算定いたします。 14円/月
褥瘡マネジメント加算(V) 継続的に入所者ごとの褥瘡管理をした場合に、3月に1回を限度として算定※令和4年3月31日まで算定可能(経過措置にて) 11円/月
排せつ支援加算(T) 排せつにかかる介助量の改善を目的に医師と看護師等が協力して支援した場合。 11円/月
排せつ支援加算(U) 排せつ支援加算(T)を実施、排尿・排便の少なくとも一方が改善するとともにいずれにも悪化がない場合。 16円/月
排せつ支援加算(V) 排せつ支援加算(T)を実施、排尿・排便の少なくとも一方が改善するとともにいずれにも悪化がない場合に且つおむつの使用から使用なしに改善した場合。 21円/月
排せつ支援加算(W) (平成31年度4月施行内容を実施継続する場合)排せつにかかる介助量の改善を目的に医師と看護師等が協力して支援した場合。※令和4年3月31日まで算定可能 106円/月
科学的介護推進体制加算(U) 入所者の、ADL値、栄養状態、口腔機能、認知症の状況その他の入居者の心身の状況等に係る基本的な情報、疾病の状況や服薬情報等の情報を、厚生労働省に提出していること。必要に応じてサービス計画を見直すなど、サービスの提供に当たって、上記の情報その他サービスを適切かつ有効に提供するために必要な情報を活用している。 64円/月
安全対策体制加算 外部の研修を受けた担当者が配置され、施設内に安全対策部門を設置し、組織的に安全対策を実施する体制が整備されていること。※入所時に 1 回を限度として算定。 21円/月
* 初期加算、安全対策体制加算、外泊加算、入所前後訪問指導/退所時情報提供加算、ターミナルケア加算があります。


介護職員処遇加算
介護職員処遇改善加算  介護人材の職場定着の必要性、介護福祉士に期待される役割の増大、介護サービス事業者等による昇給や評価を含む賃金制度の整備・運用状況などを踏まえ、事業者による、昇給と結びついた形でのキャリアアップの仕組みの構築を促すための加算。 (加算1) 3.9%
介護職員等特定処遇改善加算 介護職員処遇改善加算に加えて、介護職員の更なる処遇改善を行うために、リーダー級の介護職員について賃金水準の改善を目指し、経験・技能のある介護職員に重点化しつつ、介護職員の更なる処遇改善を行うための加算。 (加算T) 2.1%


施設利用料(消費税10%込み)
    1日あたり 30日あたり
食費 朝食・昼食・おやつ・夕食

1,730

51,900

居住費 多床室利用

377円

11,310

従来型個室利用

1,668

50,040

特別な室料 従来型個室利用(税込)テレビ利用付き

2,700

81,000

日常生活費 タオル・おしぼり・ハンドソープ・年間行事費・レク材料費等(税込)

170

5,100

※ 外泊期間中、居室が確保されている場合は居住費をいただきます。
※行事、クラブ活動等で個人的に使用された材料費用については別途実費となります。


リース利用料(契約先:株式会社エイチジー)(消費税10%込み)
    1日あたり 30日あたり
着替リース 生活着・肌着・靴下

495

14,850

テレビリース 多床室利用(4人部屋用)

110円

3,300

委託洗濯 1週間に2回集配(種類により除外あり)

688

5,500



所定疾患療養費について
 平成24年の介護報酬改定により、介護老人保健施設において、入所者の医療ニーズに適切に対応する観点から、肺炎や尿路感染症などの疾病を発症した場合における施設内の対応について一定の条件を満たした場合に評価されることとなりました。
 当施設では、所定疾患施設療養費を適切に算定し、入所様の健康や安心に繋げていきたいと考えております。今後もホームページにて当該加算の算定状況を報告致します。
令和2年度分(令和2年4月1日〜令和3年3月31日)
病名 人数 病名 人数 病名 人数
肺炎 40名 尿路感染症 51名 帯状疱疹 0名

病名 項目
内容
肺炎 検査内容
血液検査、内科受診、胸部レントゲン
治療内容
投薬、酸素療法、輸液
投薬内容
オーグメンチン内服、スルバシリン・タゾピピペ点滴
尿路感染症 検査内容
血液検査・尿検査
治療内容
投薬・輸液
投薬内容
セファレキシン・ダイフェン内服、セフェピム・タゾピペ点滴


その他利用料(消費税10%込み)
理容料 毎週 月曜日又は火曜日の予約制です(税込) カット 顔そりあり

3,000

顔そりなし

2,500

ヘアカラー

2,500

顔そりのみ

1,500

持込電気製品使用料 テレビ・ラジオ・電気毛布等 1日あたり(税込) 110円
*施設利用料・食費・居住費については、所得や納税額により減額制度があります。
*詳細については支援相談員内田、土居、中村(電話078-583-2233)にお尋ねください。

このページトップへ戻る


このページトップに戻る




入所についてショートステイ訪問リハビリについて

Copyright © Copyright Medical Corporation Kenshin-kai. All Right Reserved.
地図はこちら